--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/11 Sun 04:50 コンゴ民主
P1110480.jpg
問1:彼らは何をしているところでしょう?(3択)

ア. ヤバいブツが回ってきたので、見つからないように埋めようとしている。
イ. 毎年秋の恒例行事、「自動車の収穫」。
ウ. 最寄りの町へ行こうとしている人と、見返りを期待して他人に親切にする人々。






























噂には聞いていたが、
コンゴの道はマジで 車一台がスッポリ入るほどの大穴 が開いていた。
入国して 初日
最初の町にも着いていないのに、早くも「第一の試練」が襲いかかる。
恐るべしっ!!コンゴ民主共和国!!




















ぬかるみでハマると どこからともなく 近所のやつらがやってきて、
スコップで掘ったり、車を押したりして手伝ってくれるシステムらしい。
もちろん頼みもせんのに 勝手に 助けて、しっかり 金品を 請求してきやがる。  

「そのスコップで最初から道をキレイにしておけばいいじゃん」

とは 決して考えない のが、
さすが悪腐痢蚊(アフリカ)の総本山コンゴといったところだ。





30分かけてハマりから脱出すると、100m先ではさらにヒドイぬかるみが。
更に1時間かけて抜け出すと、その先にも、またその先にも…
繰り返すうちに気付けば夕方になっていて、
暗くなったらそこで夜明かし が、この道の掟。


















P1110477.jpg
そして、自分がハマるよりも厄介なのは、こういうやつ。


たとえわしらが道なき道も進めるような乗り物、 
例えば 戦車のようなもの でこの道を行ったとしても、
こういうのが立ち塞がっていると、つられて一緒に立ち往生なのだ。

自分がちゃんとしていても、他人が勝手に足を引っ張ってくる…
これががコンゴ・クオリティなのか?
























結局最初の町らしき町・ブニアには 2日後の昼ごろ に到着。
平均時速6km/hそこそこ。
「歩いたほうが速い」というのは、比喩ではなくマジだったと知る秋の午後だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gamecenterkomine.blog9.fc2.com/tb.php/85-567567d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。