--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/25 Mon 18:20 タンザニア
P1100409.jpg
アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ
標高5895m。


別名
「素人でも登れる山の中では、世界一高い山」
















特別な知識や技術は要らない。
手さえほとんど使わず登れる、実はキリマンジャロはそんな山だ。

かの 珍獣ハンター も登頂し、
日本中に感動を呼んだのは、記憶に新しい。

























よし。
わしも登頂して、

世界の子供たちに夢と希望を与えるぞ。

























ゲリ だけどなっ!!






















旅に出て3か月半。
これまでほぼ下痢とか体調不良の類はなかったのに、
なぜかキリマンジャロの門前でスープカレーみたいな水ゲリ!!



P1100431.jpg
そして、
必要な道具は全部レンタルできるんだが、

「借りたものは全部自分で運ぶ」

と勘違いしていたわしは、
(実は勝手にポーターが運んでくれます)
座布団みたいなクソでかい寝袋 を敢えて借りず、
自前のコンパクトなやつを持って行き…




























カゼひきました。
























今回わしが歩く最短コースは往復5日

毎日1000mずつ 標高が上がっていくのだが、
そりゃ寝る場所も 毎晩どんどん寒くなる ワケで、
体調は上に行けば行くほど悪化ッ!!



計ったら、
最終的には 39度越え
(チーン)






















まあそれでも、
世界の子供たちのために 登るけどな。




















キリマンジャロ登山の最大の敵は「高山病」


多くの登山者がコレにやられて登頂をあきらめるそうだが、

「水を大量に飲んで、出す」

という、二日酔いと同じ対処法で克服できるそうだ。
それは守ってきたから、そこはわしは大丈夫なのだろう。

だが…





































ガイドが 高山病にかかった!!

















あろうことか登りのラスト、山頂アタックの夜、
前々から怪しかったガイドの言動が あきらかに異常に なっていた。


「コリン」

と、何度訂正してもわしを
ゆうこりん みたいな名前で呼ぶのはまだ許すとして、




今のコイツは目が座ってる。
これから夜明けに向かってどんどん寒くなるのに
「下を一枚脱ぎなさい」
とか、頭のおかしいアドバイスを連発。



もちろん言うことなどわしゃ 聞かない が、
錯乱状態というか、ほぼ酔っ払いだ。
こんなやつと一緒に行かなきゃいけないのが、
単独行動禁止の山のつらいところだぜ…




















でも、
よい子のみんなっ!!
















下痢でも















熱あっても

















ガイドがダメでも

















P1100463.jpg
信じれば
夢は叶う(涙)!!





















P1100470.jpg
▲写真右はティッシュを渡すかどうかの微妙な距離を測りかねているバイトの人
































はあはあ…
波紋の呼吸 をしなければ…


P1100471.jpg
まあとにかくあとは帰るだけ。下るだけ。
高度も下がるからラクになる一方の…道…??







んん??














ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク














!!
かっ、体がシビれて、動かんっ!!


何だこれっ!!怖っ!!こわっ!!


急にっ!!脚がっ!!震え…っ…てっ!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!











































すげえハラ減ってるだけでした。

































P1100478.jpg
このエピソード。

詳しくは後日HP「事件簿」入りする予定だが、
軽ーいノリで書いたけど マジで怖かった です。
標高5000m地点でのこのシビれ。


わし、
腹減ると手足がしびれることがたまにあるんだけど、
それの強烈なやつ。
極限的空腹。


多分、
ゲリ対策で前1日半、スープとお茶ぐらいしか腹に入れてないから、
山頂往復で、
リアルにエネルギーを使い果たした んでしょうな。



















自分には よくあること なんで
持ってたスニッカーズ食って水飲んで、
10分ぐらい待ったら動けるようになりましたけど、
ワケもわからずカラダが動かなくなる恐怖といったら…
突然、勃起しなくなったぐらいの恐ろしさがありますわね。




もう眼下、1kmほど下には山小屋が見えてるのに、
また途中で震えが来て、
3回くらい補給の末、やっとたどり着きました。
「一粒300メートル」ってマジなんだなと。















ちなみに完全に アタマの狂ったガイド
このわしの異常事態を目の当たりにしても ガン無視


肩貸したりとかさあ、あるだろう 人として


つうか、
「医者を呼びに行こう!!」
といって わしにも歩かせよう というスタンスは崩さず…


















彼が翌日 チップを減らされた のは、言うまでもない。















そういえば今年の「24時間テレビ」で、
珍獣ハンターイモトまたキリマンジャロに登るんだそうで。
イモトはともかく、
なぜか、例の盲目の女の子も一緒に。



奇しくもロケハン(下見)に来てた日テレのスタッフと同じ日に登ったんだが…
すぐそうやってわしのネタに被せてくるのは、
なんか恨みでもあるんでしょーかね??





マラソンも健在で、今年は徳光さんだって。
また老人か。


虚弱な人、女性、ニューハーフ、老人と
「とてもできそうにない人」
がやるから感動を呼ぶ、24時間マラソン。

「もう来年は 芦田愛菜ちゃん ぐらいしかないですねえ」

ってディレクターの人に言っといたので、
本当になったら、たぶん わしのせい です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gamecenterkomine.blog9.fc2.com/tb.php/77-ee42f4b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。