--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/09 Fri 23:05 エチオピア
056b22.jpg


婚礼の際の通過儀礼として知られる、牛の群れの背を渡りぬく儀式…
その名を「ブル・ジャンプ」。


わしもいつだかテレビで見て知っていたが、
なんとそれ、このハマル族の儀式らしいのだ。

偶然とはいえ、おお、本物っ!!





儀式の日なので民族あげてうようよ人が集まって来ているが、
「跳ぶ」 勇者はすぐわかる。


056b20.jpg

こいつだ。





緊張の面持ち、そして、勇者のみに施される、独特のフェイス・ペインティング…
056b21.jpg



隣の女性が花嫁となる人だろうか。
座ってりゃ全てが終わる日本の結婚式と違って、彼らのそれは大変そうだ。
















刻々と「その時」は近づいてきて、聖地には猛々しい牡牛達が集められる。
それを取り囲むように追い込みながら、女達が歌う。






漂う緊張感。
牛達もこの空気を感じ取ってか、微妙に興奮気味だ。
雄が雄の上に乗っかっちゃったりして、戦闘的な雰囲気がほとばしる。


056b26.jpg





その中で一番の重圧を感じているのは、やはりジャンプの勇者。
056b25.jpg














怖いんだろうな。







大事な儀式だもんな。









緊張するよな。







まるで罰ゲームでバンジージャンプをやらされる芸人のようなリアクション。
一生に一度の大舞台だ。
甲子園の決勝、ツーアウト満塁、カウント2-3ってとこだろうか?







時は…












満ちた…












勇者よ…











放たれろっ!!










行けっ!!!!












ブルジャーーーーーーーーーーーンプ!!!

056b13.jpg

















…??
あれ?










(もう一度)







056b27.jpg



お前が跳ぶんかい!!





さっきの奴は何だったの?
で、いきなり出てきたこの人誰?



散々衆目を集めておいて実は飛ぶのは素っ裸のコイツ。
うすうすそんな気はしていたのだが、やはりそうか。
さっきのペイント野郎は、いつの間にかあとかともなくどこかへ消え去っていた。







民族の慣習には謎が多いものだが、これほど大掛かりなフェイントは、
世界でも類を見ないだろう。
結局このストリーキングが2~3度空中を舞っただけで儀式は終了してしまったのだが、
いや、わしはまたもエチオピアにダマされたらしい…。




日本でこんなやつ居たら即逮捕だろう。
だが、ここでの彼は英雄だ







場所により状況により、人間の評価って違うのだね。




ちなみにこのハマル族は女性も変わっていて、
木の枝を持った男性のまわりに若い女子がキャーキャー言いながら群がっていき、
ブッたたかれて背中を血だらけにしながら大喜びするという奇習を持つ。

056b23.jpg



脱いで英雄になりたい変態男子、
背中を血だらけにして喜びたい極M女子は、ハマル族いかがでせう?



日本人と結婚したい若者は、いっぱい居たぞ。
エチオピアに住む気はないみたいだけど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gamecenterkomine.blog9.fc2.com/tb.php/32-05c8667a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。