--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/11 Wed 15:40 バックパッカー | 旅行 | 日本
P1120053.jpg
2011年4月11日。




東日本大震災からちょうど1か月のその日、
福島県浜通りで 震度6弱 の地震がまた起こった。





































千葉県は「あの日」以来の大揺れだった(震度4らしい)。
わしの乗る電車は 緊急停止 し、
目の前のマンションの窓ガラスがビリビリ震えているのが
車内からもハッキリわかった。





上野から京成線で成田空港に向かう、まさにその時 だった。
10分ほどして電車は再び走り出したが、
近くの「佐倉」駅で停車。
安全が確認できるまで、成田空港へは走らない という。





この電車に乗ってりゃ
ちょうど フライトの2時間前 に
バッチリ空港入りする予定だったのに…




もしかしたら わしのせいか? と、
そう疑いたくもなるような絶妙のタイミングだった。












































人呼んで「アフリカに呼ばれていない漢(おとこ)」





とうとう地球までもが
わしとアフリカのコンタクトを阻むようになったか。





緊急事態に「佐倉」駅前は人でいっぱいだった。
タクシーも並んでいて乗れそうにない。
仕方がないので
最寄りの幹線道路まで出て ヒッチする 羽目になった。
まだ旅は 始まってもいない のに、
試練だけが先走ってやってきた、と感じた。











































ともあれ
帰宅ラッシュのクソ忙しい時間帯に
バックパック背負ったおっさん などに救いの手が伸びるハズもなく、
数分後、結局わしは駅に向かおうとするタクシーを
当たり屋のようにカラダで無理矢理止めて乗り込んだ。




佐倉から成田空港まで約30分、高速代含めて 9200円
こんなバブル世代みたいなタクシーの乗り方を無理強いされるカタチで、
今回の呪いは幕を開けた。



この時点で何かを感じて やめとけばよかった のだが、
強行突破の結果、
呪いはその後もコンスタントに実績を上げ続けた。




































P1080671.jpg
ジンバブエでは野生のゾウに踏み潰されそうになり、

P1090228.jpg
ナミビアでレンタカーを運転すりゃスピンし、

P1100478.jpg
タンザニア・キリマンジャロではエネルギー切れで死にかけ、

P1100600.jpg
ルワンダでバスに乗りゃ交通事故に遭い、

P1100909.jpg
ウガンダの山道でガケ崩れに遭い、

P1110470.jpg
コンゴではマラリアに罹って、
一回死んだり、
なぜか足に重傷を負わされたり、
病院と料金のことでモメたりした。

GEDC0080.jpg
監獄にも入れられた。

P1110847.jpg
もう一つのコンゴでは入国拒否され強制送還。

P1120041.jpg
アンゴラではあわや拘束、
あと最後に残っていたお小遣いをも没収された。







徹頭徹尾、アフリカがわしを歓迎している気配は無かった。
ロクでもない思い出だけが、ミルフィーユのように積み重なっていった。



だが、「だからこそ求めているものは手に入った」というべきか。 
様々な困難を乗り越えて、
わしの漢(おとこ)は新たな扉を開き、
世間との距離は、いっそう遠ざかって行くことになった。



そんな夢を見ていた。













































「む…」








































目を覚ますと、
ウソのようにあっさりと飛行機は着陸していた。






ウソのようにあっさりと
そこは日本だった。
P1120059.jpg

































もう何度も何度も出ちゃあ戻っとるからそりゃそうなんだが、
初めて海外に出た時、
1年半ぶりに南米から帰ってきたあの時ほどの衝撃はなかった。




それでも、
案内の看板が、空港内のアナウンスが、
目に映るあらゆる文字や周りの人の話し声さえもが、
急に すべて日本語 になるのは、
何度目であろうと違和感があった。




海外で長らく「ただの背景」扱いだったものが、
一転、瞬時に完璧に理解できてしまう「情報」に変わるのだ。
そりゃ、その処理に脳が追い付かなくて、
ちょっと酔ったようになるのも無理はない。




人の心が読めてしまう超能力者なんか
似たような悩みを持っていそうだ、
という話が頭に思い浮かんだが、
それはここで言うことではないので黙って歩いた。










だが逆に、
もうこれからは言葉の面で苦労することはないのだ。



言いたいことを言い、
相手もそれをパーフェクトに理解する。
余計なことで神経をすり減らさなくて済むってのは、
心身の回復にもきっとプラスになることだろう。
有難い事だ。


「日常の当たり前」になりすぎて忘れてしまうが、
わし、ケガ人だしね。
苦労はなるべくしない方がいい。








































愛する家族に会う前に身を清めておこう、と思ったわしは、
成田空港第一ターミナル5階にある理髪店に入った。




客はわし以外に居らず、ヒマそうだったが、
大きな荷物も置けるようになっている空港仕様。
値段もアンゴラの床屋よりよっぽど安い。





おしぼりの心遣い、丁寧なシャンプー、
さすがのジャパン・クオリティだ。
質の高いサービスを堪能できてこのお値段。
帰国後一発目の買い物は
物価の高さに軽くショックを受けるのが常だが、
今回の出費第一号は、
思ったよりお得感あふれるものになりそうだ。













































「アウー。」































え?





























「アウ、アウウ??」

























































な、なんか しゃべれない人 が切りに来たッ!!

































どうやらこの床屋
障碍者の雇用に一役買っている らしく、
受付は店長っぽい普通のおっさんがしてくれたのだが、
その後は急に「アウー」て!!



ちゃんと散髪の技術持ってたから別にイイんだけど…




































説明ぐらいせんかいっ!!
気ぃ遣うわ!!



































喋れないのは確実みたいだけど、
耳は聞こえてるのかなあ。
どっち!?





後頭部に鏡開いて

「アウ(どうですか)?」

みたいにやってくるけど、わし うなずくことしかできねえ。







































言葉で気を遣わなくて済むはずの日本でッ!!

いま! 細心の注意を払いつつ髪を切られる とはッ!!







































いや、
誤解されたらイヤなんですけど、
「差別」とか「文句」じゃないんですよ。





技術持って一人立ちしてる「アウー」の人も立派なら、
そういう人材を積極的に雇用している店側も立派。
立派ですとも。



でもでも、
わしのリクエストが 丸坊主(5ミリ)だったからよかったけど、

giorno.jpg
ジョルノ・ジョバァーナみたいな 複雑な髪型 とか、

joutarou.jpg
空条承太郎の 帽子と一体化する髪型 とかを客が求めてきた場合は
コレどうなるんですかねえ?



「もみあげはどうされますか?」



とかも訊いてこないよな。
勝手に YMOみたいな感じ にされるのかしら? 
























空港ゆえ外国の人も来店するだろうし、


「日本は障碍者雇用に力を入れています」


的な対外アピールなのか?
いろいろが謎な千葉の新名所ッ!!
成田空港第一ターミナルでヒマができたら、みなさんゼヒっ!!









ま、こっちが勝手に気ぃ遣っただけで、
実際コノ人に関しては耳は聞こえてるんでしょうけどね。
コミュニケーション上困る点は多そうで、
なかなかに スリリングなトコ屋さん です。












































帰国編だから何とか感動的なラストにしようという努力を一切放棄して、
ゲームセンターコミネ、
足かけ2年以上に渡った「World6」、
こんなしょーもないエピソードで、
堂々完結ッ!!



























旅で出会った方々、
もともと知ってる方々、
なんとなく読んでくださる方々、
そして、
微妙に無事でなく帰ったわしを温かく迎えてくれた方々。
全ての皆様の御心とご協力に
改めて
感謝。


そして…





















































P1120061.jpg
最終回じゃないぞよ。
もうちょっとだけ続くんじゃ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gamecenterkomine.blog9.fc2.com/tb.php/101-393d7aff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。