--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/07 Wed 17:56 バックパッカー | 旅行 | アンゴラ
P1120039.jpg
誰も行かないっつーか行けないっつーか、
行こうともしない謎の国アンゴラ
画像検索すると ウサギの毛の方が先に出てくる アンゴラ。




10年前まで内戦してたんで
国土はズタボロなんだろうと思いきや、
オイルマネーによる建設ラッシュでこれが かなりの大都会

P1120026.jpg
もちろん立ち並ぶ高層ビル群
一般国民の役には 1グラムたりとも 立っていない。
たわけ国家にありがちな、典型的ハリボテ都市だ。





今回はヒコーキで来たから首都ルアンダしか見られないが、
一方ここ以外の町は ほぼ手つかず で
何年も前の破壊の跡がいまだに残っているという。
※ 参考:デューク東城先輩のブログ 「GOLCO31」>>




そーいうトコこそ興味がわくが、
まあいいか。
内戦の跡なんて他でいくらでも見たし。
0601リベリア003
▲例:リベリア・首都モンロビア


























カーボベルデ
ギニアビサウ
モザンビーク
そしてサントメ・プリンシペ



アフリカのポルトガル語圏はみんなそうだが、
アンゴラもまた、
この大都会に似つかわしくない熱烈なホスピタリティで、
"来る者拒まず"のラテン的空気感。
スタートからなかなかの好印象だ。

P1120031.jpg




しかし、恐ろしいのは 物価




噂には聞いていたが…
アフリカ全土、どころか世界的規模で考えても 
突き抜けるほどカーロ(高い) だ。




旅行者情報で一番安いとされる宿が 約5000円
缶ジュースが 約80円
ミネラルウォーター1.5リットルが 約150円

P1120024.jpg
メシなんか探して探して▲こんなフン詰まりの路地裏でやっと見つけた屋台ですら
250円くらい するんですよ!!
▼こんなもん がっ!!(すげえウマいけど)
P1120022.jpg
気軽に食堂なんぞ入ろうものなら
同じようなモノが余裕の 1000円超えッ!!























P1120034.jpg
※ポルトガル風のおつまみとかサイコー美味だけど、500円。




空港から市内へのタクシーも 3000円!くらい 言ってきたしねー。
(乗らなかったけど)




ヨーロッパ並み…いや、
ヘタしたら 日本より高い んじゃないか?
質が低いぶん、割損な印象 が拭えないッ!!





見た感じ停まってる車は ビッカビカ のジャパニーズ新車だったりするし、
持ってるヤツは持ってる って構造なんだろうけど…
庶民のみなさんは マジでどーやって生活しているのか謎


スーパーとか市場も、普通に高いんだよコレが。


































でもま、来たからには楽しまなきゃ、ってことで
見所らしいとこを攻めようとしたら


P1120038.jpg
ルアンダ唯一の観光ポイント フォルタレーザ(要塞) は
リニューアル工事中で入れず!!



工事期間はたった 2週間 なのに、
ドンピシャそこにカチ遭う わしって…






P1120041.jpg
更に、▲この初代大統領の遺体冷凍保存されているという
ネトの墓(ネト廟)が
バカバカしいほどムダにデカい ので行こうとした道すがら、
大統領官邸の敷地内を通ってしまい、門番に拘束されかけたりした。




たった3日の滞在で結構な逆風に見舞われとるが…




もういい! 赦しちゃる!!
帰国! 帰国!! 帰国!!!

































出発の朝。
まだ 5時



こんな時間じゃ空港まではタクシーしかないな、と思い、
前日からタクシー代として、2000円近い現地通貨を残していた。
空路出国はラクだが、
こーいう「使い切り」とかで気ィ遣うのが難点だな。



余ったカネは空港でドルとかに再両替、が普通だろう。
だが今回は、早朝すぎて両替所も店も開いていないのだ。
だから、
現地通貨はタクシー代でピタリ使い切るしかない…のだが…





























こんな時に限ってミニバスが先に見つかり
100円以下で 空港へッ!!




























ルアンダに流しのタクシーはほとんど居ないから
前日に宿の人に頼んでおいたのに!!
「まかせろ」的な事言ってたクセに!!



なんでミニバス乗り場に案内するかッ!!


そして朝5時から仕事するかミニバスッ!!
この働きモノォ~!!


























本来ならタク代浮いて「ラッキー」と呼ぶべき出来事だが…む、
残しておいた2000円は丸ごとキープされたまま空港到着ッ!!
まだ朝6時。
当然、空港内のショップなど開いているハズもない。






飛行機の出発は9時だから、
さすがにその頃には出発ロビーのカフェくらいは開くだろう。
まー2000円の朝メシなんて勿体ないが、
物価激高のアンゴラ、そんな象徴的なラストもアリか…



























なんやかんやで手早く出国手続きが終わると、
出発ロビーの前に別の行列ができていて、
今度はそこに並ばされた。



ん? 「カスタム」?? ナンデ出国の方に税関が??





























「財布を見せなさい」




は、はあ…




































「アンゴラ・クワンザは国外持ち出し禁止ですから
 ここに置いて行ってください。」





























…なんだその 自然保護区 みたいな規制。

























「あー、じゃあこの先のカフェかお土産屋で使い切るから。」


と言ってもダメ



























「この先のエリアは ドル払い専門 になっています。 」



だと。



どうせわしがこの部屋出た瞬間に
お前の 4次元ポケット に入るんだろっ!!
いちいち一人ずつ呼んで扉閉めてる理由がいま明らかにっ!!



























ちょっと国外出てすぐ戻る予定のアンゴラ人なんか
絶対持って出てる ハズだろがっ!!
くっ… 正直に答えるんじゃなかった。




とはいえ、
隠して通過したとしてもこの先でクワンザは使えないんだから、
わしにとってはコイツに渡すのも、
ゴミ箱に捨てるのも同じか…
























いやどちらかというと ゴミ箱に捨てたいっ!!!



































「結構いい国」だと思っていたけど、
役人のレベルはやはりこんなもんか。
最初から使い切るつもりで残したカネなんで
ゼロになったこと自体はどうでもいいけど、
ゴリラにエサを与えてしまったことがッ!!
鼻クソほじった手でメシ食うような輩をちょっと喜ばせてしまったことが…悔しいッ!!






実際、目の前の階段を上った先のカフェでは
ドル払いオンリー だった。



発動は早朝・深夜限定なんだろうが
空港ぐるみで小銭を回収するこのシステム…
よくできてやがる。



























緻密な残金計算がスパッとハマり、爽快に出国する予定が、
ムダにラッキーが来たあと多少ムキッとする結末でシメる、という…



同じ2000円の使い方で
こうも気分が違うものかい。








「納得」は全てに優先するぜッ!!
ってジャイロ・ツェペリが言ってたけどホントだね。


























形式上国を出てるのにこんな目に遭うとは思わなかったが、
これが中央部アフリカの…呪い。
前向きに考えれば ネタの宝石箱ッ!!



飛行機は意外にも時間通り出発し、
まことに遺憾ながらッ!!(ニヤニヤ)
そのセントラル・アフリカ…

P1120019.jpg
































ついに!
ついに!!
ついに 脱・出!!!


dassyutsu.jpg


































帰国へのラスト・ステップ。
南アフリカ・ヨハネスブルグへッ!!







































P1120048.jpg
どうでもいいけど 座席がせまい。
※ 深く腰掛けてるのに前の背もたれにヒザが付く図
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。